カテゴリー「IT」に含まれる記事

2014年5月28日

どのようにお金を払ってもらうのか

ビジネスをやるのであれば、納めた商品やサービスの対価としてお代を受け取るところまでが1サイクル。
ここ1ヶ月以上頭を離れない記事があるのでそこをスタートにお金を払ってもらう課金(マネタイズ)モデルについて考えてみたい。
なのでこの記事は主張というよりは思考ノートといったところかな。

頭を離れない記事というのは『大辞泉』2.0リリース。無料モデルの終息とその総括のこと。
印象的なのが

辞書アプリでのフリーミアムモデルは、戦略的に間違いでした。

という結論。

# 「フリーミアム」というのは、最初は無料だけどお金払うと機能が追加されたりアイテムが貰えたりというふうに、入り口はフリーでそのまま無料で使うこともできるしお金払うと特典があるよというモデル。

実は僕もプログラムを書いたりすることがあって、今もこのサイトに2つのプログラムを載せてる。
以前はITベンチャーでプログラム書いてたこともあった。
で、今公開している2つのソフトのうち1つはフリーミアムモデル。
でも正直言って1円も入ってきたことない。
そもそも使ってくれた人自体いない可能性も大。登録しただけで放置だったし。
フリーミアムにしたことでなんとなく欲が見えるようで恥ずかしいので全部無料に戻したいんだけど随分昔のプログラムだから直せるか自信なかったり。。。

まぁそれはいいとして。

フリーミアムを含め最近のアプリとかソフトの課金モデルを整理するとこんな感じか。

  • 有料アプリ(買い切り)……購入時にお金を払えばその後は追加料金無しですべての機能が使える。MS Officeとか旧来からのパソコンソフトに多い。
  • 有料アプリ(サブスクリプション型)……月額とか年額でお金を払ってアプリを使う。Adobe Creative Cloudとか。
  • 広告型……アプリ自体は無料だが広告が入ることでアプリ開発者には広告料が分配される。広告が出るスマホゲームアプリとか。
  • フリーミアム……無料ユーザと有料ユーザがいる。お金を払うと追加の機能やアイテムが使える。サブスクリプションタイプの課金をするフリーミアムもある。EvernoteとかDropboxとか。
  • ペイミアム……購入にお金がかかって更に追加機能・アイテムにもお金がかかる。ゲーム機のソフトでこれを狙ってるものもあるらしい。プリンターと純正インクのビジネスモデルはペイミアムと言えそう。
  • 投げ銭型……無料で使ってもいいけど「気に入ったら寄付してね」スタイル。パソコンソフトだとそういうDonationができるタイプのものもある。大道芸人も投げ銭型かな。

これらの課金モデルをまとめたものとして読みやすいのがフリーミアムと有料アプリどちらにするべきかという記事。
スマホアプリをどのようにビジネスとして成立させるかを考える上でのポイントもわかりやすい。
サブスクリプション型と投げ銭型への言及がないようだけど。
ただ

価格モデルには正解がないので悩ましいところです。

というのはほんとに諸手を上げて共感。

今回はコンピュータソフトウェアとかスマートホンアプリのことを中心にまとめたけど、それ以外のジャンルも含めさらに思考ノートを続けたいと思う。

ところで、企業レベルは当然利益を求めて活動しているのに、個人レベルだと「ったくお金に執着してー」みたいな風潮になるのは日本固有なのかな……?
個人ではギャラの交渉がしにくい文化だからブラック企業には政治で対応していく流れなのかな。

2012年9月26日

Fitocracy辞めました

以前ブログに書いたFitocracyっていう運動系のライフログ

結局やめちゃいました。

運動そのものが続いてないっていうのもあるんだけど、やっぱりひとりだとモチベーションが維持できないっていうのが大きい。
他にもいくつかお試しとか情報収集・現状把握の目的でひとりで孤独にやってたWebサービスに見切りをつけました。
裏を返せば、友だちだったり他人だったりとつながっていてそこに何らかのやり取りがあるソーシャルな仕組みだからこそ今これだけいろんなサービスが生まれてるんだってことだよな。

「SNS疲れ」みたいなことも一部の人には起きてるみたいだけど、マズローに言わせればソーシャルは親和なり自我の欲求として誰もが持ってるみたいだし、まだまだソーシャルブームは続くんだろうな。
そしてその後には何が来るんだろう?

ともあれ、世の中とかITの動向を考えるのもいいけど、ちゃんと運動しなきゃだ、自分。

2012年6月29日

トリプルディスプレイ用の部品交換

広大なデスクトップで作業するのが快適で好み☆
とはいえそのデスクトップ全体にアプリケーションを全画面表示したいわけではないからワイドディスプレイ1台より4:3でいいので複数ディスプレイってのが好都合。
ということで、仕事場のWindowsはトリプルディスプレイ。Macはデュアル。

Windowsはノートパソコンなので、ラップトップ画面+ディスプレイポート出力+USB→DVIコネクタ出力という組み合わせ。
このUSB→DVIの変換に今までBuffaloのGX-DVI/U2B

を使ってたんだけど、いつからか画面が黄色くなってチラツキが出るようになったのでIO DATAのUSB-RGB/D2

に交換。

色も正常に戻ったしチラツキもなく快適☆

おそらくBuffaloのやつは故障じゃなくて相性じゃないかと思うんだけど、さてこいつの使い道はどうしようかなぁ。。。
誰かいりますかー?

2012年6月13日

よさこい楽曲サンプルをSoundCloudに

2012年のYOSAKOIソーラン祭りも終わりました。

今年は土曜の夜の飛行機で札幌に向かうということで参戦が遅くなるのははじめからわかってた。
しかーし、乗った19時半のJAL529便はエンジントラブルのため1時間以上の遅延。
札幌駅に着いたのはすでに23時半でした。
それでも土曜の夜・日曜終日・月曜の昼過ぎまでと全時間帯において充実した過ごし方をすることができ、満喫しての東京戻り。

さて、そのよさこい関係の楽曲は作るようになって15年以上になるわけですが、先日サンプルをSoundCloudにアップして公開方法を変更しました。
単に自分のサイトにアップしてるだけの状態よりも展開のしようがあるかなと。

再生回数を見ると、やはり上から順に再生してるというのがよくわかります。
これ、順番をランダムにしたりできるといいんだけどなぁ。。。

よかったら聞いてみてくださいませ。

よさこい楽曲サンプル

2012年4月27日

Standard MIDIファイルの中身

今回は音楽とIT両方に絡む技術的なお話し。

先日関わった楽曲制作のプロジェクトで、納品形式がStandard MIDIファイル、ってのがあった。
カラオケ通信カラオケになった当初、既存の曲を耳コピでMIDIにするっていう作業をガンガンやってる仲間もいたけど、最近はMIDI納品ってあんまり聞かない気がする。

ということで、ねずみやもほとんど未経験のMIDI納品。
いざやってみると・・・

  1. 手持ちのシーケンスソフトでMIDI書き出し
  2. あれ、環境によってちゃんと鳴らない
  3. MIDIの中身を確認する必要が。。。
  4. google先生にMF2Tというツールを教えてもらう
  5. 昔のアプリケーションなのでコマンドラインでしか動かない
  6. MIDIファイルは大量にあるので手間がかかりすぎるぅ
  7. 一括処理ができるGUIを作ったら便利じゃね?
  8. じゃー作るか

ということでMF2TのGUI部分を作りました
自分が必要な部分しか作ってないので、MF2Tのオプション機能とかには未対応です(要望があれば検討しますが要望は来ないと思う)。
それでももしかしたら誰かが検索して見つけて使うかもしれないから一応公開だけしておきます。

今回の諸々をきっかけにStandard MIDIファイルの規格の文書とかいくつか読んだんだけど、よく規格をまとめたなって感心ひとしきり。
まぁ知らなきゃ知らないで済むことだけど、知るとそれはそれで興味深かった。

ホントはソフトウェアのところにもう一つ公開してるものがあるんだけど、こっちはドキュメントが未完成&再度バージョンアップの予定もあるのでまたあらためて紹介したいと思います。


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.