2007年2月15日

初バトン

ブログでよく回ってるバトン。
要はリレー形式で話題を振っていくやつ。
特に興味もなく、人のバトンを踏んでも流してたけど、名指しで指名されたのでやってみるさ。

【日→英→日翻訳で意味判らない恋愛を語るバトン】
http://honyaku.yahoo.co.jp/transtextの翻訳機能を使ったバトンです。
例)「私はバトンの回答をするのが大好きです。」→「I love that I do an answer of a baton.」→「私は、私が棒の答えをすることを好きです。」

1:最初に、簡単に自己紹介をしてください。
【原文】
鼠屋将志です。ほんとに本名です。信じてくださいってば。
身長?170弱ですけど何か?
体重?まぁそこそこってことで。
【訳文】
それは、マウス店マサシです。それは、本当に本当の名前です。誠実じてくださいってば。
それは、高さですか?それが少し170未満であるけれども、何だ?
それは、重さですか?ああ、そこで、ものがあります。

2:いきなりですが、好きな人を教えて下さい。
【原文】
誰がなんと言っても自分ですね。
それ以外に誰がいると思います?
【訳文】
たとえ誰でも何でも言うとしても、それは自分です。
誰は、それがそれの他のそれであると思いますか?

3:その人のどこが一番好きですか?
【原文】
かっちょいいとこ。
【訳文】
かっちょいいとこ。

4:その人と付き合いたいと思いますか?
【原文】
もう付き合ってます。
30年ほど。
悪くないっすよ。
【訳文】
私は、一緒にすでに行きます。
およそ30年。
それは、悪くはありません。

5:その人が突然あなたの部屋にやってきて、
「今日からここに住む」と言いました。あなたはどうする?
【原文】
もとから一緒だし。
うふふむふふです♪
【訳文】
私は、原因より同じです、そして。
うふふむふふです♪

6:このバトンを、好きな人がいそうな人に回してください。
【原文】
読んだ人全員に回しました。
後は任せた。>みなさん
【訳文】
私は、読む全ての人々に、それを通過しました。
私は、その後それを委任しました。あなた全員

言い訳ではないけど、ここの翻訳はあきらめが早すぎ。
「誰は、それがそれの他のそれであると思いますか?」とか、軽い嫌がらせ。
「それは、マウス店マサシです。」なんかパンチだな、ほんと。
僕の名誉のため(かどうかは分からないけど)英訳したものも載せときます。

It is mouse shop Masashi. It is really the real name. Sincerity じてくださいってば.
Is it height? Though it is a little less than 170, what is it?
Is it the weight? Oh, there there is a thing.

Even if anyone says anything, it is oneself.
Who thinks it to be it besides it?

かっちょいいとこ.

I already go together.
Approximately 30 years.
It is not bad.

I am same as from the cause and.
うふふむふふです♪

I passed it to all the people who read.
I entrusted it afterward. > all of you

日本語多すぎじゃないの?
流れを見るとアルゴリズムの改良点が見えたりするなぁ。。。
まぁ元を知らないからあくまでも想像だけど。
やっぱり日→英よりも英→日のほうが技術的に難しそうだ。

決して暇なわけではなく、ちょっとした現実逃避です。
今からまだ曲書きしますよ。

ちなみに、質問文を日→英→日したら以下のとおりでした(質問文は可逆であってほしかった)。

1: 最初に簡単に自己紹介してください。
2: 突然大好きな人を教えてください。
3: 最高は、人のどこにありますか?
4: あなたは、人とつきあいたいですか?
5: 人は突然あなたの部屋にそれを送って、私が「今日からここに住んでいます」と言いました。どのように、あなたはそれを持ちますか?
6: 大好きな人は、どうか、よいようである人に、この棒を渡します。

これまでのコメント

  1. ゆってぃ :

    面白い!
    てか、そんな細かいとこまでやってる。
    ひまじーん♪♪
    いえ、うそです。なんでもありません。
    やってくれてありがとうございます★

この記事にコメントする


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.