2008年9月20日

確率

先日、高校の先生をやってる友達と確率の話になった。
彼は確率の授業をする時に、実際に生徒に実験をさせるらしい。
コインを投げて裏と表がどれくらいの割合で出るか、とか。

その中で出てきたひとつの実験の話でおもしろかったのが「画鋲」。
小学校で掲示係が使ってたような円盤に針がついてるアレね。
あれを投げたときに針が上を向くか斜め下を向くか、その確率。
1000回くらい試行すると必ず一定の値に収束するんだって。

これを読んでる皆さんどう思いますかー?
9:1、8:2、7:3、6:4、5:5のどーれだ?
「○:○で××の確率が高い」or「確率は半々」の形式で答えを考えてみてくださいな。
ちなみにねずみやはばっちり間違えました。

これまでのコメント

  1. まゆぅ :

    7:3で針が上を向く!
    いや、6:4くらいかな。。。

  2. まゆぅ :

    しまった。
    酔っ払いはちゃんと文章に沿ってなかった。

    「7:3で針が上を向く確率が高い」

    でいかがでしょう。

  3. NORIMITSU :

    8:2で針が上向く確率が高い、と思う。
    根拠は無いwww

  4. きゅん :

    9:1で針が上。針が下になって着地すると、床ではねるから、結局針を上にして落ち着く。どうだ。

  5. COD :

    7:3で針が下。針がなければ当然5:5、針があればまず針が床に触れる確率が高まる。
    そして針が床に触れれば、ひっくり返るよりもそのまま針が下で落ち着く方が多いような気がするので・・・。

  6. りょう :

    じゃ、俺も。
    収束するというなら50:50だろう。
    5:5に3000点。

  7. うみかじ :

    確率は半々。
    なんとなく。

  8. nezu :

    みなさん参加ありがとう♪
    正解は今日(9月22日)のブログに書きました☆

この記事にコメントする


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.