2008年7月24日

もういいの?

図書館で本を借りた。

3冊ほど本を持ってカウンターへ。
会員証をバーコードで読んで・・・といつもの流れ。
続いてほんのバーコードを読んでから貸してくれるんだよな、と思ってたらいきなり「はいどうぞ」って。

あれ、「もういいの?」って感じ。
借りる本のチェックはいつしたのかなとよく見たら、非接触ICだった。
本にICタグが付いてて、それを大きめのマウスパッドみたいな台で読み取る仕組み。

ハードカバー3冊も平積みしたままで読み取ってた。
何冊くらいまでいけるのかなぁ。
ハードカバー10冊くらいまでいけたりしたらすごいなぁ。
今度図書館に行ったときに司書さんに聞いてみよう。

これまでのコメント

  1. こまなぶ :

    図書館のシステムも昔と大違いですね~。

  2. まゆぅ :

    私も初めて見た時はびっくりしました。
    結構多くてもいけるっぽいですよ。
    さすがに10冊とかいっぺんに借りたことはないですが。。。

  3. nezu :

    あのICタグの単価っていくらくらいなんだろう。。。
    もっと安くなったらスーパーの買い物も同じ感じになったりするのかな。
    さすがに金属だからバーコードシールより安くなったりってことはないか。

この記事にコメントする


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.