2008年2月5日

早押し機

ちょっとしたイベントで早押しクイズをやろうと思い、その構想を練ってます。

そこでまず問題になるのが、「早押し機をどうするか」ということ。
ネットで検索をすると、市販のものがあることがわかるけど、ボードゲームの規模だとイベントには使えない。
できることなら大画面に表示する機能があるものがいい。
なんて制約を考えると、結局市販のものは使えないかなという結論に。

じゃぁ自作するのか。
たしかにGoogle検索では「早押し機」での検索でトップにくるのは自作方法についてのサイト。
ただ、これは電子工作なのよね。
ハンダ小手とか、持ってるけど、頻繁に使うわけじゃないから経験も多くない。
そもそもそんなにわか日曜工作で作ったものがイベントに使える耐久性と信頼性を備えてくれるか不明だし。
でもって見た目もダサイものが出来上がるのは火を見るより明らか。

・やはりハードウェアは市販のものを流用したい
・自作をするとしたら、プログラムくらいは書けるからパソコンで動くアプリケーションならいけるかも

ということで、現在、ノートパソコンにさらにキーボードを1つつないで、
それからマウスを5つつないで動かすアプリケーションを作ってます。
5つのマウスのうち4つが早押し用のボタン。
同じ型のマウスを4つ買ってきて一つのパソコンにつないでるその光景は結構な違和感あり。

暇を見つけて進めてるだけなので、まだまだ先は長いですが、また進捗あったら開発記録でも書くとします。

これまでのコメント

  1. ひで :

    あれ?昨日の夜酔っ払ってコメントした記憶があるんだけど、記入されてない。。。。。

    えーと、面白そうなんで、問題解く役か問題作る役で参加させてください。

  2. nezu :

    使うイベントがクローズドな集まりなんだよねぇ。。。

    でもせっかく作るので、他にも使う機会作りましょう。
    って機械使うためにイベント考えるって本末転倒な気もするが。。。

  3. ひで :

    気のせい気のせい。。。

  4. nezu :

    そうだな、気のせいだな。
    じゃ動くものができたら見てやってくださいな。

この記事にコメントする


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.